イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

スポーツカーには必需品・スポーティに乗りたい車にも必需品

10年ほど前は、エンジンマウントを変えるなら強化品に!というリクエストが多かったのですよ。

最近は、サーキトを走る方でもノーマルのマウントで走行されているケースが多い事が気になります。
現行のラテン車にもしっかりと設定があるものなんですよ。

例えば、シトロエンDS3にも。
CIMG1598
ラテンフェスタでも走行するLSDも組み込んだDS3です。
ハードな走りにはノーマルマウントが耐え切れず、ご覧のありさまに。
CIMG1594 CIMG1593
完全に裂けています。普通の仕様においてはここまでの劣化には距離を重ねなければ至りません。
このタイプのマウントを強化マウントにするには、このようなパーツを使用します。
CIMG1596 CIMG1595
隙間にはめ込む様に設計された強化ゴムを純正の穴部にはめ込みます。
CIMG1597 CIMG1601
これで完了!
いとも簡単に強化マウント化されました。
今回は、純正品の在庫が無かったため、ひび割れたマウントにそのままはめ込んで使用しています。
アクセルON/OFFの揺れは効果的に抑えれますが、DS3の場合アイドリング中の振動はかなり増えます。
万人受けする方法ではありませんが、振動なんて気にしないよ!という方、いかがでしょうか。

ルノールーテシア2 RS用あります。
CIMG1600
こちらは車の正確に合った組み合わせですね。
不快な振動は殆んど気になりません。純正よりは増えますが。

その他、フィアット500シリーズは過去に紹介していますので、ご覧下さい。
フィアット500 強化エンジンマウント

ご来店されるお客様にも様々なご要望がありますので、豊富な引き出しからマストアイテム・ご提案をご用意しています。