イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

RIMG3455

リヤにエンジンを搭載し、後輪を駆動するRRを採用している現行TWINGO3を一層楽しく 乗る為のパーツ開発を始めました。 RR方式と

…続きはコチラ

IMG_1481

FIAT500のサーモスタット部の破損による不具合発生が多い様です。エンジン冷却水の水漏れに気が付かぬまま、エンジンオーバーヒートでのエンジ

…続きはコチラ

RIMG3356

デュアロジックのトラブルの原因は様々です。 今回も色々とトラブルシュートを行い、原因が判明しました。 そもそも、クラッチが存在するの

…続きはコチラ

RIMG3326

車を運転する際に、操作する部品の操作性は、その1台の評価をする非常に重要なキーワード となります。 例えば、マニュアル車のシフトレバ

…続きはコチラ

IMG_1296105

法定点検にて、分解整備記録簿にブレーキホースの点検項目が有る事は皆さんご存知でしょう。 走行距離の多くなったプジョー307のフロン

…続きはコチラ

105

ブレーキ強化のリクエストにお応えして、リヤブレーキを大径ローターに変更です。 ABARTH595のドリルドローター装着車輛用にこのたびリリ

…続きはコチラ

RIMG3297

プジョー207のクラッチ交換・ライトウェイトフライホイールの交換と合わせて、各部の改善作業を 進めています。 当社のオリジナル商品、軽量

…続きはコチラ

105

オートエアコンの適切な空調機能が作動しておりません。FIAT500 エアコン不良です。 温度調節用・内外気の切り替え用・吹き出し位置調

…続きはコチラ

RIMG3264-1

プジョー106のリヤブレーキキャリパのリフレッシュ作業を行っています。 この頃のプジョーやルノーは、リヤキャリパに備わるエア抜き用のブ

…続きはコチラ

RIMG3257

レースでのハードな仕様を繰り返すエンジンは、潤滑油のケアが通常の 乗り方よりも管理が重要になるのはもちろんですが、エンジン周辺環境の点検も

…続きはコチラ

RIMG3238

アルファ156 V6に用いられるエンジンマウントは既に供給終了となっているのは 有名な話です。 重たいエンジンをぶら下げる様に搭載する、

…続きはコチラ

IMG_5078

好評のABARTH500 リヤ・ビッグローターKITにドリルドタイプが追加されました。フロントに純正Bremboの付いた車輌に合わせてドリル

…続きはコチラ

RIMG3229

残りわずかとなりました、放熱加工ターボパイプ for 1.6THP 連日の様にご注文を ありがとうございます。 予想では秋までには完売と

…続きはコチラ

CIMG6047

プジョー・シトロエンの6速ミッション搭載車用のクイックシフターが装着希望が増えてます。マニアルミッション車を乗られる方は、ドライビングプレジ

…続きはコチラ

IMG_0716

ブレーキ性能を上げる事、それはファッションでは無く、確実な制動を手中に収める事。 と、同時に見た目の迫力が手に入る、大人のチューニングだと

…続きはコチラ

Page 1 / 3412345...102030...最後 »