イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

ルノーメガーヌ3 GT ブレーキの大径化進行中-2

先日のメガーヌエステートに使用する、ワンオフパーツが出来上がってきました。

フロントに大径ローターと、ブレンボキャリパーを装着するブラケットです。
RIMG4306
ローターはそのままでは装着できないので、ハブとロータの間にも仕掛けがあります。

リヤも同じ大径ロータにしますので、オフセットブラケットを制作しています。
オフセット値の異なるロータですので、キャリパを遠のかせて、手前に装着するように設計しています。

車体側へのフィッティングを始めます。
RIMG4348
本来のハブに対して、ロータを合わせると、サスペンションの一部にロータが干渉してしまいます。
足回り構造物かから、ロータを遠ざける工夫が必要です。

ハブとロータの間にスペーサを装着します。
RIMG4349
車体側のハブセンターと、ホイール側のハブセンター、こららがしっかりと嵌合するように
ディスタンススペーサを制作し、辻褄を合わせます。

これにより、ロータが装着可能な状態となりました。
RIMG4350
お気づきの方はわかると思います。
このロータはメガーヌ3RS用のdbaディスクロータです。

ローター外径は340mmです。
RIMG4351

続いては、キャリパーブラケットです。
RIMG4352 RIMG4353
ここに、ブレンボキャリパーを装着します。

ホイール単体をフィッティングしてみましょう。
RIMG4354
早くキャリパーを装着したいです!

リヤ側のブラケットです。
RIMG4395
そして、ローターです。
RIMG4396
ベアリング内蔵ローターですので、2ピース化は加工作業が大幅に増えるため断念しました。

あとは、現在ペイント中の前後ブレーキが仕上がれば一気に組み上げられます。