イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

アバルト・グランデプント・エヴォ 続いてはサスペンション系統の作業です

駆動系統の整備をある程度終えましたので、引き続きサスペンションに移ります。
IMG_3873 IMG_3875
そうそう。ドライブシャフト(ドラシャ)もメンテナンスしました。
ユニバーサルジョイントの出来栄えが素晴らしい。

ロワアームブッシュを組み替えます。
IMG_3877
ブッシュ組み換えには、ロワアーム本体が使用可能であることが前提です。
不具合ありの場合は、新調したアームにブッシュを組むことになります。

油圧プレスで組み替えます。
IMG_3880 IMG_3881 IMG_3882

新しいブッシュもプレスで圧入です。
IMG_3884 IMG_3888 IMG_3892
このブッシュ、硬さと耐久性が非常に高くお勧めです。
硬質なゴムですので、不快な振動も入らず、高剛性!

ビルシュタインB14を用いて、味付けを変えます。
何故味付けを変えなければいけないか?
それは大きな声では言えません。
大きな声で言えるのは、味付け変えればかなり良くなります。
最近はこの様に既製品の検証~リセッティングを多く手がけています。
IMG_3896 IMG_3900
施工内容は、狙ったストローク量にする為バネレートの計算・変更・バネ交換
良質な動きのためのヘルパースプリング設置
ダンパーストローク不足改良のため、ダンパー形状の変更
これは昨日の紹介記事ですね。うちのボスに旋盤加工を依頼します。)
アッパーマウントの動きを抑制すべく、スフェリカルアッパーの組み付け
などなどを行っています。
レートもあげて、マウントもリジットにするのに、吊るしで組むより乗り心地も良くなる
なんて不思議ですよね。ようはそういう事です。

IMG_3899
バネはゼロプリでセット。計算からの算出でセットしていますが、実際にうまくいくかは
組んで接地させてみなければ分からないので緊張はします。

IMG_3897
ボス加工のダンパートップ。
こういう加工も自社完結できる事、うちでは当たり前ですが、やはりありがたいことです。
大抵はこの加工待ちのために中2日位は外注期間が必要になりますもんね。

グングンと進んでいます。

お待たせしているお客様、もうしばらくお待ちください!