イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

今年の夏はこの作業が増えそうです フィアット500水漏れ修理の多発

IMG_6926
「タイトルを見て、サーモスタットの所でしょ?と思われた方、違いますよー!」突然の水漏れでオーバーヒート状態で緊急入庫したのは、フィアット500の1.4です。先日当社の代車でも同様の症状が発生してしまいました。僅か一週間前の事です。またしても同じ箇所からの水漏れが発生してしまいました。今回連続発生した水漏れ箇所は冷却装置の重要部品ラジエータです。
IMG_6927
ご覧の通り、ラジエタのアッパーホースの差し込み口が見事に破断します。ゴムホースにホースバンドで締め付けているのですが、バンドの引っかかり部分で破断するので圧力により抜けてしまいます。水を大量に吹き出しますので走行不能な状態となります。

フロント廻りを分解し、組み替えを行います。
IMG_6932

今回交換するのは、ラジエタ・アッパーホース・ロワホースです。
IMG_6977
アッパーホースは熱い水が通る箇所だけあり、劣化具合がなかなかです。
IMG_6972
ゴム質が変化し、肥大化しています。
新品と見比べるとよく分かります。
IMG_6973
新品はスマートにシュッとしていますでしょ。
肥大化は、ゴムが柔らかくなる事で起きるのですが、このまま肥大化が進むと圧力に耐えきれず破裂します。

ロワホースは新品に組み付けられている 3ウェイ部分をアルミの強化品に組替えてからの、ホース交換を行います。
IMG_6978 IMG_6979
IMG_6980
絶対的に安心感が上がります。

ロワホースのラジエタへの差し込みは、ワンタッチクリップ式です。ここも怖い箇所ではあります。
IMG_6981

各部を組んだら一度リフトから降ろし、前回りの埃を落とすためスチーム洗浄を行います。
IMG_6983
バンパーレスの状態で、普段は行えない部分に防錆処理も施しました。そのままバンパーを付けてしまいたい気持ちに負けそうになりますが、一手間が大切です。見えないからいいじゃん!では無く、見えない所もビシッと。各部品が迅速に届いてくれたおかげで、超速で完成できました。