イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

FIAT500のサスペション不良

ご新規様のFIAT500は、現状把握を行わせて頂く為に、各部の点検を行いました。走行距離7万キロを超えている個体の為、そろそろクラッチやディアロジック装置の整備が必要の様です。

IMG_9924

SDL診断にてサスペションやブレーキの点検も行いましたが、フロントサスペション右側が本来の機能をしていない模様です。

IMG_9929

タイヤのエアー圧が異常な為、本来のサスペション性能なのか評価しづらいです。タイヤにかかる重量(輪荷重)を確認、適正と思われるエアー圧に変更します。

IMG_9928

サスペショングラフは、大きく変化、右フロント以外は問題無い様ですが、右フロントは明らかに機能不良が分かります。

IMG_9930

点検結果をお客様に報告させて頂き、今後の整備のご相談をさせて頂きます。

ここの所、何か足廻りがイマイチと訴えるユーザー様が多いです。正確な診断は、お任せ下さい。