イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

カングーのブレーキパッド&ローター交換

車検でお預かり中のカングーのブレーキ回りの整備を行いました。

46A37CC0-70CE-4763-8B0C-61DC324AB4B7

こちらが作業前のブレーキ回り。

新車時に低ダストブレーキパッドへの交換を行っていますが、今回で5回目の車検。

現在の走行距離はなんと16万キロを超えています。

26860FD7-30E4-48A8-BD31-F51AAC427083

D5FD6C2B-0190-4C3D-8AF9-208C36DFF03B

しかし、16万キロ使用してもまだパッド残量は残っておりさすが長寿命が売りにしているだけのことはあると驚かされます。

1A4FFA8C-38B3-43AB-B4D3-A93E15C3974C

FF0C8A49-6328-4CED-8A10-6AC45F5EC8C6

使用するパッドはクランツの今まで使用していたGiGAsBasicから効きを更に重視したGiGAsへとバージョンアップしての交換です

766F1929-1FC2-4C43-B821-6C8B83410033

低ダストパッドの驚かされる点はパッド自体が長寿命なのと同時にブレーキローターも消耗させないというところです、ローターの隅に段差がなく16万キロも使用されたとは思えない状態です。

07D3138F-C768-4B59-8AAE-1884919D6B80

しかしながら、ローター自体の錆は防ぐ事は出来ませんので外したローターの裏面を見るこんな状態です。

021DC201-64A5-4E9C-BC6E-51931BA24422

ブレーキピストンの動きやキャリパーシールの状態のチェック。

BEF5AC5E-41DA-4919-A832-7CAD698521DC

D758B487-2773-4808-811A-CA215AB7DCEA

フローティング部の錆や段付き摩耗がないかなどの点検を行いグリスアップをして組付けます。

FBBBB2A4-205D-450E-A428-35D9972F3410

作業完了です。

これで次の交換は30万キロですね(笑)