イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

アバルト595は基本整備に続き足回り整備

当社がご案内する基本整備をご希望のABARTH595は、ステージ1メンテナンスに続き足回りの最適化をを行います。

標準装備のKONI FSDに組み付けられた、良好そうなスプリングは、そのまま、ショックをBILSTEIN B8加工品に変更です。
作業前に、SDLテスターにて診断した所、現状の異常な足回り状態が発覚!!

IMG_0126
スプリングを交換された際のサスペションジオメトリー変化による調整が全く行われておらず。残念な事になっておりました。
タイヤ其々の向きは、ダメダメ状態でした。タイヤの編摩耗もかなり進み残念です。

IMG_0138

IMG_0128

模型にて足回りの状態を再現。とても、タイヤが転がる条件に達していません。

IMG_0131
車高のバランスも変化している為、ECUテスターにてリトロニックシステムのセンサーデータを確認した所、ユニットにメモリされた数値と実測値にズレが有る状態です。

IMG_0140

IMG_0142

IMG_0141

IMG_0147

IMG_0144

IMG_0148

IMG_0149

IMG_0155

IMG_0129

ECUテスターにてリトロニックシステムの基本調整を行い光軸調整を行います。足回りの数値整いタイヤが綺麗に転がります。

各車、同様な車両の持ち込みが増えてます。安易に足回りに手を加える事は、大変危険です。十分注意して下さい。