イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

プジョーウインドスイッチ、ベタつき修理

90年代の車両から使われ始めたインテリア素材表皮、プロテイン塗装と呼ばれています。経年経過で表面が溶け出しネバネバです。室内の質感を高める素材のベタつきが、気になる方もお見えでしょう。今回はコントロールスイッチを分解してトレントにて表皮を綺麗にします。

IMG_0366

IMG_0368

IMG_0367

IMG_0373

IMG_0374

IMG_0376

修復作業の方法は、幾つか有りますが、効率的に作業が進められました。