イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

CITROEN DS3 (シトロエンDS3) トランスミッションの搭載 Part.3

IMG_0103
軽量フライホールとクラッチ回りの組み付けを終えたDS3は、いよいよミッションの搭載作業へと移ります。
最近はミッション本体が重たいことが多く、ミッションジャッキに本体を固定しての作業を行います。

っと、その前にトランスミッションマウントの交換も行わなくてはいけません。
IMG_0107
ミッションマウントの固定方法は色々なタイプがありまして、ボディとミッションの間に挟まるタイプ・ボディ側に固定されるタイプと。
DS3の場合はボディ側固定となりますので、ミッションが乗る前が交換のベストタイミングとなります。

IMG_0109 IMG_0110
それと、ミッションを降ろす前に取り外したサーモスタットですが、取付はミッションの搭載前がベストです。

搭載したミッションに、レリーズシリンダとのジョイントピースを取り付けし、フルード交換とエア抜きを行います。
IMG_0111

IMG_0112
スチーム洗浄と防錆処理を行い、美しく仕上がったサブフレームを搭載します。

エンジン・ロワマウントも交換します。
IMG_0114 IMG_0115

重整備は、目的物のみを組替えるのでは無く、その際に合せて行う事で後々の出費を抑えられ、安心感も備わり結果的に良い結果を生み出します。

引き続き作業を進めます。

Written by Hashimoto