イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

フィアット500Sは、ビルシュタインB14を盛っての組み付けです

IMG_2270
フィアット500 S にビルシュタインB14の組み付けです。
そのままの組み付けではなく、少し手を加えての組み付けを行います。

今回のお客様の要望としては、車高の大幅なダウンを望まれませんでした。
乗り心地は、いかにもなスポーティでは無く、納まりの良い締まったフィーリングを
望まれていました。
この様な場合、車高調整式よりもショートダンパー+ダウンスプリングの組み合わせを
思い浮かべますが、フロントバンパーの下側を擦る事が多い。との事でしたので、
リヤ側を自由に調整出来る様にする事で、フロントバンパー下側のクリアランスを
ある程度稼ぐことが可能になります。

フロントスプリングはこちらを使用します。
IMG_2272
B14に付属のスプリングよりも、少しレートが高く、自由長の長い物です。

リヤのダンパートップブッシュは、容量が大きく乗り心地にカドを立てにくい物を
使用します。
IMG_2301
このブッシュは、ビルシュタインダンパーのトップのネジサイズに合せて2種類を用意
しています。外側のアルミハウジングはオリジナル商品です。

乗り比べると、その差は歴然と違いがあり、ダンパーの中身の調整を行わずに
乗り心地に変化が付けられるので、用途に合わせて選べるようにご用意しています。

今回の調整値は、フロント10ミリダウン リヤ25ミリダウン となりました。
IMG_2303
リヤ側のダウン量を増やすことで、フロントバンパ下側のクリアランスはノーマルの
車高の時と殆ど変わらなくなります。

既存製品に一工夫を加える事で、その製品の良さを引き立たせる事が可能です。

この後、アライメント作業を行い、仕上げます。

Written by Hashimoto