イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

問答無用でカッコイイ。でも水漏れしました。

IMG_2514
アルファロメオ GTV 3.0V6 この時代の自然吸気エンジンはやっぱり素敵です。アルファロメオのV6エンジンはGTAを最後に搭載モデルが販売終了となりました。とても官能的なエンジンで、イタリアの大衆車の搭載エンジンの中では最も魅力の光る名機です。イタリア製のエンジンは排気量を問わず、小型~大型まで乗ると癖になる楽しい要素が詰まっています。例えば超大衆エンジンのファイアーユニットも、踏めば気持ち良く回ってくれるエンジンです。その血統を引き継ぐ現行500の0.9L~1.4Lも同様です。エンジンはお国柄がよく現れるポイントですね。

今回のGTVは。ラジエタからの水漏れの為、お預かり・ラジエタ交換です。
IMG_2516
樹脂タンクとコアの繋ぎ目からの水漏れです。最も多い漏れ方です。新車から未交換でしたので、遅かれ早かれです。

IMG_2521
このような漏れ方は、初めは殆ど気付かない程度ですが、始まってしまえばそのペースを増すので要注意です。うっかりオーバーヒートしてしまうとその代償が大きくなるので要注意です。

IMG_2518
新しいラジエタに、マウントラバーなどを付け替えて交換を行います。

IMG_2536
アルミのエンジンカバーにアルファロメオのロゴは、当時はなんとなく普通にカッコイイと思っていましたが、今となってはこんな造形が非常に贅沢で凄く格好良く写ります。時代の変化ですね。

IMG_2535
冷却ラインを洗浄し。クーラント交換を行います。

GTV素敵です!

Written by Hashimoto