イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

ルノースポールのエンジン造りへの拘り

IMG_3577
クリオ3RS(ルーテシア3RS)のエンジン本体です。興味があったので分解する事にしました。エンジンの分解はいつもワクワクします。特にルノースポール系は随所に拘りが感じる事が多く、勉強になります。

IMG_3578
素材は、バルブクラッシュしてしまったエンジンですので、基本的にこのまま使用する事の出来ない、残念なエンジンです。

3RSの入庫が非常に多い当社ですので、リビルトエンジン・リビルトヘッドを用意出来ればと思い着手しました。
カムカバーを開けると。
IMG_3597
うわっ!こりゃダメだな事態に愕然としました。リフターもアームもバラバラになり、カムシャフトも傷だらけになっていました。こりゃベースとしての使用は出来ない位の全損状態です。

それでも分解作業は止まりません。
IMG_3605
ヘッドを外すと、エキゾーストバルブは全数が曲がった状態で整列していました。
IMG_3600
IMG_3603
もちろんインテークバルブも曲がっています。

IMG_3608
ピストントップには多量のカーボンが蓄積です。ステージ3メンテナンスで良い結果が出るのは、この様な状態の汚れを軟化し、除去する事が可能だからです。エンジンの燃焼状態・燃調状態・点火タイミングの適正化など、色々な要素が理想的な状態になる為、調子がよくなる。それがステージ3メンテナンスです。

ピストントップの形状を確認します。
IMG_3609
大きなバルブリセス・盛り上がったピストンは、メーカーの気合いの入れ具合がうかがえます。
クリオ2RSは172PS でしたが3RSでは200PSまでエンジン出力が引き上げられていますので、同型エンジンのチューニング最終形となります。モアパワーを引き出す為にあらゆる事を改善してきたのですね。素敵です。

ムキムキ筋肉ボディなピストンです。
IMG_3611

クリオ2RSのピストンはと言うと。
IMG_3613
リセスは小さめで、トップはヘコみがあります。
つまり、3RSはかなりのハイコンプピストンが標準装備されているという事になります。

もっとスペシャルなピストンもご覧下さい。
IMG_5116
こちらはクリオ2RSのチューニングエンジン用のハイコンプ鍛造ピストンです。標準圧縮比が11.1:1に対して、11.8:1のスペックとなります。リセスの深さは、ハイカムに対応していることを意味します。

いや~エンジンって良いですね。

以前には、ルノースポールの男気と称してヘッドポートの造作について触れています。
興味のある方はご覧下さい。
「ルノースポールの本気度がよく分かる仕事っぷり、見せます」

Written by Hashimoto