MTAやデュアロジックの半クラは定期調整で快適に


フィアット&アバルトのデュアロジックやMTAといった、2ペダル式セミオートマチックトランスミッションを搭載した車はクラッチ操作がぎこちないと非常に乗りづらく感じてしまいます。暖気後はスムーズでも朝一の冷間時はギクシャクしたりと、気になる症状は様々です。

カクカクやギクシャクといったクラッチ操作は、マニュアルミッションに乗れる方にとっては苦痛でしかなくなりますよね。
そんなんだったら3ペダルにしておけば良かった。。。みたいな感情になる事もしばしば。

トランスミッションのコンピュータは、自動的に補正を繰り返すのである程度は調整を行ってくれます。
それでも操作フィーリングが気になる事が出てくるので、定期的な調整を行う事で上手な半クラに戻す事が可能です。

今回お預かりしているお車も、朝晩の工場からの出し入れの際に半クラが非常にぎこちなく、気になっていました。
せっかく長期的にお預かりさせて頂くので、調整しながら様子を見たい衝動に駆られましたので早速施工する事に。

手動では無く、テスタ側で調整を行います。

ここの数値が調整後は0.1mm単位で変化が出て来ます。

しばらく動かして変化を確認したいと思います。

Written by Hashimoto