定番の週1化


本日も106のヒーターコア交換作業を行いました。初期型106(メータパネルがブラックのタイプ)はホワイトメータの車よりも劣化状況が深刻です。今回の施工車両はエンジンルーム側のヒーターホースを外した際にいとも簡単に折損しました。

本来は、樹脂のジョイント部はこの場所からは2本目視確認可能ですが、1本しか見えませんよね。

それもそのはず。
外したヒーターコアは見事に折れています。

本当に要注意ポイントです。未交換車両はヒーターコア交換に備えた心の準備も必要です。くれぐれもその心の準備が、いつ漏れても覚悟します。では無い様にして下さい。

ブラックメータの場合は、メータの証明が全て灯火バルブ式です。ホワイトメータの車はLEDです。
なので、メーターを外した際にはイルミ系統のバルブを交換します。

定番のダッシュボード廻りのクリーニングも施工し、各部を組み付け電装系統の作動チェックを行います。

多岐に渡る作業も、終盤を迎えたフルリフレッシュ作業の106です。残りは細かな仕上げを行い、今月中には完成予定です。
今週も様々な作業を行っています。

Written by Hashimoto