DS3にMSAとV-UP16で点火系チューニング


ステージ1メンテナンスの施工と、点火系統強化作業でお預かりをさせて頂いているのはシトロエン DS3です。
点火系統の効率アップ・強化作業に有効な手段・パーツとして当社では2種類のパーツ設定をしています。

ひとつは、V-UP16。
こちらは、イグニッションコイルに供給されるそもそもの電圧を昇圧することで、スパークプラグに飛ぶ火花の力を増幅させる物です。

もうひとつは、MSA(マルチスパークアンプ)。
こちらは、車側のECU(コンピュータ)から出力される点火信号を、専用のアンプ(MSA)を通過・処理する事で通常は1回の点火を、5回~3回(回転数に対して点火回数を可変コントロール)に増幅させる事が可能です。

どちらの部品にもそれぞれの効果が有り、ガソリンエンジンに対して有効な効果を生み出します。

どちらのパーツも、イグニッションコイルへと供給される配線に結線します。


結線後は、どこに接続したのかが分からなくなる様に心掛けています。整備性の悪化を招くとよろしくありませんので。

MSAとV-UP16を左右に配置しました。DS3はエンジンルーム内のスペースに空きが無い為、最近はこの様に配置しています。

取り付け完了後は、何事も無かったかの様な見た目に仕上がります。

お客様にご試乗頂き、乗りやすくなった。とのご感想を頂けました。
点火電圧昇圧と、点火回数増加は、専用の回路(システム)を介してで無ければ実現が不可能です。エラーの介入など無く、安心してご利用頂けます。
V-UP16は、ガソリンエンジンであればほぼすべての車に取付が可能です。
MSAは、車種別に専用回路を製作しているため、車種別設定となります。
DS3や1.6THP用のMSAはコチラ

Written by Hashimoto