クリオ3RSの車高調サスペンション作業に着手


ようやく段取りが整ったので、お待たせしておりましたサスペンションの作業をスタート出来ました。
今回組み付ける製品は、ワンオフサスペンション・車高調整・減衰力調整式です。お客様からのリクエストでLUCKさんに製作をお願いしました。
前後共にハイレートで、スポーティな乗り味を堪能出来る逸品です。

車検作業でお預かりしているルーテシア3RSに装着です。


最近はサスペンション関連の分解を行う際に必ず行うのが、突き出したボルトの頭のネジ山を先に清掃してから作業を行うことです。

ご覧の通り、突き出した頭は錆が発生しており、このままセルフロックナットを緩めると、途中で勘合がきつくなり大変な思いをすることになります。
なので、この時点で緩めにかかるのでは無く前処理を行います。

ハンディブラストをこの様に押し当て、ブラスト処理を行うと。

綺麗になり、安心して緩めることが可能に。
この処理を行う様になってからは、ナットの取り外しに一切の苦労を強いられずに作業を進める事が出来ています。

ダンパーのフリーレングス寸法の測定も行いながら作業を進めます。


取り外した純正ストラットと、新たに装着するダンパーの長さ比較・重量比較など興味深い点です。
アッパーマウントはピロアッパー式を採用。


組み付け作業は楽しく続けることが出来ます。
順調にリヤ側も組み替えを終えました。


接地させ、車高の変化やウェイトバランスの測定に移ります。
期待が高まる瞬間です。
Written by Hashimoto