106のクラッチ交換時には必ず交換したいアレコレ


106のフライホイール交換とクラッチ交換を進めています。
トランスミッションを降ろした際には必ず交換するいくつかのパーツがあります。

特に重要なのがココのシールです。
トランスミッションのセレクタレバーですが、大抵の場合はオイル漏れを起こしています。

また、このシャフトと連結するレバーは打ち込み式のロックピンで固定されるのですが、ガタが出ている場合も多く対策品のピンに交換する事でこの部分がシャキッとします。


室内のシフトレバーで明らかな違いを確認できますので、必ず交換しておきたいポイントです。

突然死する事の多いセルモータです。ミッション脱着に伴い取り外しますので、ついでに交換しておくと安心です。
大切なのは、位置決めピンの移植です。

忘れてしまうと、フライホイールのリングギヤが欠けてしまいます。

この際だから出来る事、沢山あります。
同時進行でブレーキキャリパの作業も進めています。

Written by Hashimoto