メガーヌ2 MT クラッチ交換作業


ルノースポール関連の作業を取り上げる事が最近は多いですが、今回は通常のメガーヌ2 1.6DOHCの作業です。
ご新規様のお車ですので各部のリフレッシュメンテナンス・基本整備をはじめとし、距離を重ねている為クラッチの交換作業も行います。

サブフレームを取り外し、トランスミッションを降ろします。

クラッチの残量は、交換には丁度良いタイミングになっていました。
スリットが消えかけている箇所もありますが、減り具合も均一で無理な力が掛かった跡も見られず、丁寧なクラッチワークが想像できます。


クラッチレリーズベアリングの疲労感は大きかったです。

熱のこもる場所だけに、ベアリングへの負担は大きくさらには油圧シリンダの役割も兼ねている為、重要度の高い部品です。

フライホイールは、見たことの無い形状をしていました。
ドライブプレートと、ハブ側が2分割構造になってり、裏側からボルト締めされている構造です。

ミッションの搭載前に、こびりついた汚れを洗い流します。

外したサブフレーム側も同様に洗浄を行います。

この後、ステアリングギヤボックスの末端のタイロッドも組み換えを行います。
引き続き作業を行います。
Written by Hashimoto