アバルト595 オリジナルサスペンションの組付け


ようやくアバルトのサスペンションを投稿できます。
しっかり作業は進んでいるのですが、まるで投稿が追い付いていませんでした。

今回装着するサスペンションは、もちろん当社のオリジナルサスペンションキットです。
最近の売れ筋商品でして、おかげさまで生産が追い付いていません。

もっと良くするにはどうすれば良いのか?を考えながら現在に至っています。
ひとつの商品が完成したらそれで終わりでは無く、現時点でのベストを尽くす。その探求心は大切だと思います。
現場から生まれてくる商品の強みだと、自身で解釈しています。

なので、部品を交換したら完成!では無く、納得のいくセッティングを1台1台にご提供しています。試運転やSDLテストを重ねながら車高のバランス、タイヤのエアーバランスと最終仕上げまで力を抜きません。その結果をお客様にご提供し、喜んでいただけた場合は初めてノウハウとして蓄積されます。そして人間もレベルアップしていく。そこに終わりは無いと思っています。

語らなくて良いから早くヤレ!…ですよね。
まずはフロント側の組み換えからスタートです。この標準のKONIは、個人的に好きになれません。納まり悪く落ち着きがない。その一言です。高速道路でも速度を上げればふわふわと接地感の無い怖さを覚えます。ショートホイールベースですから、サスペンションセッティングはとても大切です。

スフェリカルアッパーマウントも装着済みです。

そしてリヤ側へと移ります。
バンプストップラバーの装着位置は上側から下側へと引っ越します。アバルトの場合、バンプラバーに頼るのではなく、出来る限り当てない位が丁度良いと言う事も分かってきました。バンプを当てないとショックが底付きしてしまってはいけませんが、オリジナルサスの場合は結構車高を下げても底付きもバンプタッチも回避できています。それも乗り味の良いひとつのポイントです。

全ての事に意味がある。そんなサスペンションキットだと思います。

今回は他の方と比べると、車高は高めに仕上げています。

素敵な乗り味のアバルトに仕上がっています。
本日は納車日です。きっととても楽しみにされている事だと思います。

遠いところからいつもありがとうございます。

Written by Hashimoto