イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

仕上げは4輪アライメントを施します。

2016/06/16 | 何気ない作業風景

今週も様々な作業内容の車が入庫しました。ショックアブソーバーの変更や足回りの変更後のアライメント作業・新車乗り出し前の整備にてアライメント作業・機関廻りの脱着に伴ない、サスペションメンバーを外した為のアライメント作業・車検整備の最終チェックにてアライメント作業と週末納車のお車の最終仕上げを行いました。

CIMG4902 CIMG4906

CIMG4904 CIMG4907

新車整備を作業中のKangooはリヤサスペションのスラストアングルの不揃い、フロントロワアームブッシュのストレス取りを行い、大きくアライメントデータが変化しました。SDLテストのデータと見比べ適正数値を探ります。

CIMG4913 CIMG4916

CIMG4918 CIMG4912

走行3万キロ台のFIAT500も良い数値に揃いました。やはりリヤサスペションの位置関係が大切ですね。タイヤのエアーを窒素に入れ替えエアー調整、バルブコアは耐熱タイプに交換しました。

CIMG4926  CIMG4925

車検でお預りのG.Punto ABARTHは、エッセエッセで高性能、それに見合った調整をします。

CIMG4923                           中古車を購入され、リフレッシュのジュリエッタもアライメント作業を施します。

CIMG4934 CIMG4935

シトロエンDS3は、BILSTEINショックとSessAオリジナル車高調整KITにて一輪ずつに荷かる重量、コーナーウエイトも調整、大変良いステアフィールを手に入れました。この後、トランスミッション脱着をしたMUSAが、アライメント作業待ちしております。