イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

プジョー106 新車から初のタイミングベルト交換

この度車検作業でお預りした、プジョー106S16です。
お客様は中古車として購入されており、過去の整備記録が残っていない事と
購入時に納車整備はほとんどなされていない事から推測するに、新車から
タイミングベルトが未交換なのでは?という疑いが浮上しました。

お預かりの最中にベルト切れが発生しても、何ら不思議では無いので先ずはベルト交換です。

カバーを開けてみてビックリでした。
タルタルに張りが無く、そして亀裂の入ったベルトが視界に飛び込んできます。
rimg1483

指先で押してみると
rimg1485 rimg1486
本来は、張力が保たれているタイミングベルトですが、フワフワしています。
激しいアクセルワークを行うとすぐにコマ飛びしそうな勢いを感じました。

ベルトの背を拡大すると、ご覧の通りヒビヒビです。
rimg1487

直ぐにおあずかりさせていただいて良かったです。