イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

プジョー106S16 オーバーホール済みコンプリート・シリンダヘッド 用意しました

大物部品のご案内です。
106を得意とする当社ならではの、こんな物を用意してみました。

前期型の106S16用コンプリートシリンダヘッドです。
シリンダヘッドガスケットからのオイル漏れが多い106ですので、重整備の際などに
ご利用頂きたく製作しました。
シリンダヘッドを外す作業の際に、当社がスタンダードで行う内容一式を盛り込んだ
このシリンダヘッドは、106のエンジン性能をしかっりと発揮する様にきっちりと組みました。

作業の時間短縮も図れますので、お預り期間の短縮にも貢献し、よりスピーディーに
お客様の元にお車をお返しする事も可能になります。

ノーマルスペックを基本とし、確実な圧縮・燃焼を可能にします。
ポートの研磨は行っていません。
rimg1811 rimg1813

各パーツ類は念入りに洗浄を行い、安心して搭載する事が可能です。
rimg1842 rimg1843
rimg1844
コンプリート・シリンダヘッドには以下の内容を施工しています。
*各パーツ及びヘッド本体の分解・洗浄
*インテーク・エキゾーストバルブ研磨
*全バルブ・シートカット
*全バルブ・フェース研磨
*シリンダヘッド・平面研磨(最小単位)
*全バルブ摺り合せ
*オイルライン及びウォータラインの清掃・点検
*ステムシール交換
*カムシャフトシール交換
*ガスケット不使用箇所の平面出し・シーリング
*カムシャフト・カバー内部分解・清掃
*カムシャフトカバーペイント(コンディションにより不要な場合も有り)
*サーモスタット交換
*サーモスタットハジング交換(当社オリジナルのアルミ製を使用)
*ブローバイ・アウトプットコネクタ勘合部接着(オイル漏れ防止の為)

当製品は、お客様が搭載されているシリンダヘッドをリビルトベースとして当社に
回収させて頂き、代わりにコンプリートヘッドを搭載させて頂く流れとなります。
交換済みのシリンダヘッドは、お返しする事ができませんのでご了承下さい。

作業費用・金額などについてはお問い合わせ下さい。

106におけるエンジン系統の整備については過去にも多く取り上げています。
プジョー106 バルブタイミングの調整
カーボンクリーニングの真髄ここにあり
106s16中古車整備 タイミングベルトの交換
106をもっと元気に走らせたい!