イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

パンダ100HPはクラッチの交換を行っています。

今週もハードに作業を行っていました。
1週間の中の平日が一日足りないだけで、大変な事になります。

ちょっとサボり気味だった投稿を一気にアップしていきます。
IMG_0760
こちらは少し前に、ご購入いただいたパンダ100HPです。

古くからの常連さんの娘さんが乗られています。
女性がパンダ100HPって凄く素敵だと思います。
サイズ感・軽快感・適度なパワーに回るエンジン、車の楽しさを存分に味わえますからね。
この場合、悩みは次に乗りたい車を探すのに苦労する事でしょうか。

クラッチは、減ったからというよりも、操作系のフィーリング悪化が主たる原因です。
ペダルが引っかかるや、重い、戻らない事があるなどです。
IMG_0761
IMG_0763
クラッチ残量は、まだ使えるレベルです。

ですが、こういう所が痛んできます。
IMG_0779
レリーズフォークとベアリングです。
クラッチペダルを操作すると、最終的に動くのはこの部分です。
4箇所ほど、潤滑が必要なのですが、組み付け後の給油の出来ない場所でして。
それ故に、動きが硬くなってくるのです。

フライホイールはデュアルマスでは無く、ソリッドです。
IMG_0777
トルクと角度管理をしっかりと行って組み付けます。

トランスミッションマウント、結構つぶれていました。
IMG_0781

パンダ2って良い車です。
私も代車の状態維持の為に乗る機会が多いのですが、使い勝手が本当に良くて
素敵な車です。