イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

プジョー106 ヒーターコアが経年劣化で破断。。

2019/01/29 | シトロエンプジョー

106にもこの症例が当てはまる時期が来てしまった様です。

水漏れの修理で入庫した106ですが、点検をしていると、非常に嫌な。。一番嫌な箇所からの水漏れである事が判明、

7ED80EC1-17DE-470E-8D71-C61BC6922826

この場所の奥には室内に繋がり、ヒーターコアがあるのですが、エンジンルームにはホースを接続する樹脂パーツのみが顔を覗かせます。

その樹脂部が、ポッキリ。。

そこから冷却水がダダ漏れとなっています。

交換には室内のダッシュボードを取り外す必要があります。

614BB778-98FE-4FA0-8BD3-76C0136DCCA8

どんな車でも、ダッシュボードの取り外しはそこそこ大変でして、作業着手前から若干気持ちが引き気味になってしまいます。

1E2DF22C-EF01-4B90-84FA-3381227D1134

ダッシュボードが外れた後に、ヒーターコアの入っているボックスを取り外し、コア部を組み替えます。

7B868371-44DA-4187-AD77-8DDDE9993328 BD5B9C18-B369-4B5A-8164-88254A007897

コアの種類はメーカー別で二種類あるのですが、どちらのパターンでも純正品は生産終了です。

当社では常時どちらのメーカーのヒーターコアも在庫しています。

純正品の打ち切りと宣告された方々、諦めるのは早いですよ。

106はこれからも末永く楽しめる車ですから、その為に自分達が出来る事を常日頃から考えています!