イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

マルチスパークMSA お試し装着も可能です

IMG_5259

MSA(マルチスパークアンプ)は、燃料混合気を完全燃焼状態に近づける事により、エンジンのフィーリング(レスポンスアップ・トルクアップ・燃費向上に貢献・排気ガスのクリーン化・エンジン内部の汚れの蓄積防止)を理論的に向上する、点火システム強化装置です。

車種別に設計されたMSAは、点火回数の増加と、回転数による点火回数の可変を行う回路を内部に組み込んだ製品でして、当社の取り扱いの主な車種に適合しています。

取り付けには、専門的な知識を必要としますが、一般的な整備工場であれば装着が可能です。

本格的な取り付けの前に、効果を試したい。との希望も多く、試着用のカプラーキットとアンプ本体を車種別にご用意しています。
実際にお客様のお車に取り付けを行い、試運転を行っていただく事ができます。

リクエストを頂いたので、グランデプント・アバルトに試着装着しました。
IMG_5254

MSAの装着後、オシロスコープによる正常作動の確認を行いました。
画面上に表示される波形、これは点火信号を現しています。
エンジン始動直後より、縦方向に伸びる線が合計5本表示されていますね。
アイドリング~3800rpmまでは5回のスパークを行っています。

回転を上げると、3本に切り替わります。
高回転時には、点火回数が多すぎると、逆に効率の悪化となるため回数を減少しています。

今回のグランデプントのお客様より、早速うれしいご感想を頂きました。
「最も気になっていた出足のトルクの薄さが改善され実に良い!さらに踏み込んだときの反応・ピックアップも良いので乗り易さと、楽しさが同時に体感できました!MSA付けます!」
こういう直球的なご意見は、非常にうれしく思います。
エンジンの求める点火を可能とする、それがMSAです。

 

試着および装着をご検討いただける方へ。
以下の注意書きをお読みください。

*マルチスパークを行うためには、専用のプログラムや基盤が必要となるためどうしても装置は大型になってしまいます。
*エンジンルームの隙間を上手に使い、固定する必要があります。

*注意点として、マルチスパークを行う他の製品との併用はお避けください。

*MSAは、純正ECUより出力される点火信号を入力とし、アンプ内での処理後に複数点火信号を出力しています。
*併用すると、複数点火後の信号をさらに増幅する可能性があり、非常に危険です。

*マルチスパークの確認には、オシロスコープが最低限必要となります。
*現在何らかの製品を装着されていて、MSAとの併用が可能かどうかをお知りになりたい方は当社で確認させて頂きますのでご相談ください。