頻度激増中の作業がコレ


このところ、週に1~2台の割合でこの作業を行っている気がします。ルーテシア3RSのタイミングベルトの交換とクランクプーリの交換です。今週は、あと1台の同様の作業を控えています。

今回施工したルーテシアは、ベルトテンショナの1つが非常に危ない状態でした。目視ではわかりませんが、内部グリスが劣化し、非常に軽くベアリングが回ってしまう状態です。高速回転する部品ですので発熱を伴いますから、低抵抗状態は非常に危険な状態と言えます。

ぺったんこに潰れたエンジンアッパーマウントです。上部の隙間が詰まっている方が新品です。

マウント内部には、ダンパー機構としてオイルも封入されています。潰れきると内部のオイルも外へ漏れ始め、振動が増加します。

ものすごく減っていたスパークプラグです。純正新品に交換します。

仕上げにはSessAクランクプーリの取付を行います。

ベルトタイミングが適正化され、プラグが良い状態になり、クランクプーリでレスポンスも上がる。
タイミングベルトの交換一連を終えるだけで、凄く調子が良くなるのが間違い有りません。

Written by Hashimoto