イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

プジョー208GTI LSD組み付けやサスペンション加工作業

今現在主流の、プジョー・シトロエンに搭載されるエンジンと言えば1.6ターボですね。
その中でも、パワーウィエイトレシオが最強の兄弟車と言えば208GTIです。

最近は少しずつですがモータースポーツを楽しむ方も増えてきています。

今回の車輌208GTIは、当社で色々と手を入れさせて頂いている1台です。
購入当初より、モディファイが進んでいますので工場通信で取り上げた記事が
随分と過去の内容になっていますが、ここでまとめておきます、

208GTIへのレデューサ取り付け記事
208GTIへのターボパイプ取り付け記事
208GTIへのMSA開発・取り付け記事
208GTIへのビルシュタインサスペンション取り付け記事
色々とありますね。

そして、今回は駆動系統まで手を入れて更に刺激的な車にしていきます。

各部の分解から始めます。
分解後しばらくすると、車が何なのだか分からなくなります。
CIMG9186 CIMG9182
トランスミッション廻りの分解にフロントセクションの分解は必要ありませんが、今回は別系統の作業も同時に施工
する為、ご覧のような姿になりました。

トランスミッションが降り、クラッチ周りも確認できる様になりました。
トランスミッションにはもちろん装着済みなSessAクイックシフターは、装着率が非常に高く、お薦めです!
CIMG9199 CIMG9198

今回のLSDは1.6THP 6MT専用のCUSCO製です。
品質の高さ・耐久性・効き具合・調整範囲 などなど、魅力満載の逸品です。
CIMG9195 CIMG9196
free
不快なチャタリング音の発生頻度が極めて低く、それでいて鋭いレスポンスを実現するのは日本製ならではです。
今回は、1way・街乗りもし易いトルク値に設定しての組み付けです。

足回りの分解を行っていますので、4輪アライメントも行います。
今回はサスペンションに関して、少し手を加えました。
CIMG9230 CIMG9231
ビルシュタインの車高調整キット(B14)を組んでいるという点と、ローダウンしているという点から
ロールセンターの調整が効果的では?と狙い、純正のボールジョイントの取り付け位置の変更を行いました。
1G状態における、ロワアーム角度を補正する事で、ローダウンした事により生じるデメリットの解消に効果的です。

CIMG9232
208GTIでモータースポーツを楽しみたいですね!
来年からはサーキット走行を楽しもうかな?とお考えの方、私達にご相談下さい。
皆さんが思っているよりも、モータースポーツは気軽に始める事ができるんです。