イタリア車・フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイントへようこそ。

工場通信

RIMG0798

作業中に気になる、コレって設計段階の間違い?というシーンが稀にあります。 今回は、アバルト500のリヤロータ交換の際に感じた事とその対策を

…続きはコチラ

RIMG0910

ブレーキペダルに伝わるペダルタッチを向上させたい場合の定番アイテムでもある ステンレスブレーキホースは、今も昔も変わらない定番ブレーキチュ

…続きはコチラ

RIMG0887

2012年より、当社の保有していたジュリエッタ・コンペティツォーネ・アルフィスティ(言い難いですね。) がこの度、販売に至りました。

…続きはコチラ

RIMG0544

ストック期間が永かったため、溝はあれど旧いタイヤが装着されています。 車の乗り味・性能全てにおいて、重要な鍵を握るのがタイヤです。 そん

…続きはコチラ

RIMG0515

106の点検を行う際に、必ずチェックするポイントのひとつ、ステアリングラックブーツです。 大抵の場合は、チェックすると破れています。

…続きはコチラ

RIMG0511

経年劣化を重ねた樹脂パーツは、いつ破損してもおかしくない怖さを備えています。 危険度の高いパーツを目視点検したとしても、外観上の判断でその

…続きはコチラ

RIMG0550

今回のベース車輌は、過去に中古車としての整備に着手している為、ステージ1メンテナンスは 途中までの施工が完了していました。 ですので、今

…続きはコチラ

RIMG0767

  車検整備でお預りしています、アバルト500です。 今回は各部の整備を色々と盛り込んだ車検整備内容をご依頼いただきました

…続きはコチラ

RIMG0742

ようやく完成しました! 1.6THPシリーズに装着可能なライトウェイトフライホイールが。 以前、試作品の装着を行い、製品化にあたり改善点

…続きはコチラ

RIMG0494

中古車販売=タイミングベルト交換というイメージが定着していますね。 ブレーキパッドもそのうちのひとつの様に思えます。 確かに、タイミング

…続きはコチラ

RIMG0470

快適に乗る為に欠かせない整備・交換部品のひとつにクラッチ廻りが浮かびます。 クラッチが新品に組み換わることで、クラッチペダルの操作力がスム

…続きはコチラ

RIMG0445

どんな作業もそうですが、作業開始前は部品を拾い出し、集める事を行います。 今回の用意したパーツ点数はなかなかの量です。 全て自社にてスト

…続きはコチラ

RIMG0310

以前より進めておりました、141パンダのエンジン腰上のリファインも完了です。 ヘッド本体は、面修正の為の平面研磨・バルブシートカット・

…続きはコチラ

RIMG0435

フレンチコンパクトハッチバックのキビキビ系代表格、プジョー106S16が再加熱しています。 過去に一度乗られた方が、原点回帰の如く再購入を

…続きはコチラ

RIMG0299

継続的に作業を行っているアバルト500ですが、ここにきて追加の作業です。 今回の作業の主となるのは車検整備に加え、乗車定員変更に伴なう構造

…続きはコチラ

Page 54 / 75« 先頭...102030...5253545556...6070...最後 »